英語の豆知識

【童謡】森のくまさんの英語版歌詞は怖い?日本語歌詞と比較

森のくまさん 歌詞 英語

本記事では、童謡「森のくまさん」の歌詞と、英語訳をカタカナ表記で紹介しています。
また、日米での歌詞の違いを比較しました。

子どもは誰でも知っている童謡「森のくまさん」。
我が子かなたも幼稚園で覚えて帰ってきました。

かなた
かなた
あるーひ♪
もりのーなーかー♪

子どものころはなんの疑問も持たなかった森のくまさんの歌詞。
ですが、その歌詞を大人になった私がよくよく聞いていると「…ん?」って思うことが多数。

実は森のくまさんって、かなり意味深な歌詞してますよね。

イチ
イチ
クマに追いかけられーの。
逃げーの。
…からの最後一緒に歌うんかーい
りおか
りおか
起承転結がぶっとんでるよね

どうにも歌詞が気になって頭から離れなくなったので、英語版/日本語訳の歌詞を調べてみました。

森のくまさんの英語/日本語歌詞

森のくまさんの英語版タイトルは「The Other Day I Met A Bear」と言います。

その他にも、「I met a Bear」、「BEAR SONG」、「ONE SUNNY DAY」などのタイトルで言われることもあります。

元々はアメリカ民謡。
今でもボーイスカウトが歌う定番の歌です。

そんな森のくまさんの歌詞を、4タイプでまとめました。

  1. 英語版の歌詞
  2. 和訳(直訳)版の歌詞
  3. 日本語版の歌詞
  4. 英語のカタカナ表記版の歌詞

それぞれ見ていきます。

① 英語版の歌詞

まずは英語版の森のくまさんの歌詞です。

イチ
イチ
和訳は次の章でご紹介しています

森のくまさんの英語版歌詞

1.
The other day I met a bear
Up in the woods a way up there
※繰り返し

2.
He looked at me I looked at him
He sized up me I sized up him
※繰り返し

3.
He said to me 「why don’t you run?
I see you don’t have any gun」
※繰り返し

4.
And so I ran away from there
and right behind me was that bear
※繰り返し

5.
Ahead of me I saw a tree,
A great big tree, oh, golly gee
※繰り返し

6.
The lowest branch was ten feet up
I had to jump and trust my luck
※繰り返し

7.
And so I jumped into the air
But I missed that branch on the way up there
※繰り返し

8.
Now don’t you fret and don’t you frown
I caught that branch on the way back down
※繰り返し

9.
That’s all there is there ain’t no more
Until I meet that bear once more
※繰り返し

10.
The end, the end, the end, the end,
The end, the end, the end, the end,
The end, the end, the end, the end,
This time it really is the end.

英語版森のくまさんは全部で10番までありました。

イチ
イチ
主な単語の意味は以下の通りです。
  • The other day
    ある日
  • sized up
    見定める
  • gun
  • ran away
    逃げ出す
  • right behind
    すぐ後ろ
  • golly gee
    何てこった
  • trust my luck
    運を信じる
  • don’t you fret
    心配しないで
  • frown
    しかめっ面
  • There ain’t no more
    何もない

② 和訳(直訳)版の歌詞

次に森のくまさんの歌詞の和訳(直訳)を併記しました。

森のくまさんの英語版歌詞(直訳付)

1.
The other day I met a bear
Up in the woods a way up there
※繰り返し
ある日 クマに出会った
森の中で 道の途中で

2.
He looked at me I looked at him
He sized up me I sized up him
※繰り返し
クマは私を見た、私もクマを見た
クマは私を見定めた 私もクマを見定めた

3.
He said to me 「why don’t you run?
I see you don’t have any gun」
※繰り返し
クマは言った
「なんで逃げないんだい?
銃をもっていないよね」

4.
And so I ran away from there
and right behind me was that bear
※繰り返し
そして私はそこから逃げ出した
そしてすぐ後ろにはクマがいた

5.
Ahead of me I saw a tree,
A great big tree, oh, golly gee
※繰り返し
目の前に木があった
とても大きな木だ、おおぅ、何てこった

6.
The lowest branch was ten feet up
I had to jump and trust my luck
※繰り返し
一番低い枝でさえ10フィート(3メートル)はある
跳ぶべきだ、運を信じて

7.
And so I jumped into the air
But I missed that branch on the way up there
※繰り返し
空中に跳んだ
でも途中で枝をつかめなかった

8.
Now don’t you fret and don’t you frown
I caught that branch on the way back down
※繰り返し
心配しないで しかめっ面しないで
落ちる時には枝をつかめた

9.
That’s all there is there ain’t no more
Until I meet that bear once more
※繰り返し
お話はこれでおしまい もう何もない
またあのクマに出会わないかぎり

10.
The end, the end, the end, the end,
The end, the end, the end, the end,
The end, the end, the end, the end,
This time it really is the end.
終わり
今回はほんとに終わり

イチ
イチ
なんというか…。
よく知ってる日本版歌詞と全然違う…
りおか
りおか
運を天に任せて飛んじゃったよ…。
原曲はめっちゃ大冒険してるね…

③ 日本語版の歌詞

次に「森のくまさん」の日本語版の歌詞を記載しました。

イチ
イチ
日本語版の森のくまさんで歌われている歌詞です
りおか
りおか
日本人にとってお馴染の歌詞だね!

上に書いた、英語版の歌詞の直訳と比較しても面白いです。

森のくまさん(日本語版歌詞)

あるひ 森のなか
くまさんに であった
花さく 森のみち
くまさんに であった

くまさんの いうことにゃ
おじょうさん お逃げなさい
スタコラ サッサッサのサ
スタコラ サッサッサのサ

ところが くまさんが
あとから ついてくる
トコトコ トッコトッコト
トコトコ トッコトッコト

おじょうさん お待ちなさい
ちょっと 落とし物
白い かいがらの
小さな イヤリング

あら くまさん ありがとう
お礼に 歌いましょう
ラララ ラララララ
ラララ ラララララ

イチ
イチ
改めて聞くと…。
なんて平和な歌詞!
りおか
りおか
アメリカ版と歌詞が全っ然違うね!!

※日米の歌詞の違いについては、最後に考察しています。

④ 英語のカタカナ表記版の歌詞

森のくまさんの英語版歌詞をカタカナ表記でも記載してみました。

りおか
りおか
英語歌詞って、書いてる単語と違う単語に聞こえることあるから分かりづらいよね
イチ
イチ
ネイティブは音声変化させるからね

音声変化とは?

話し言葉の場合に、発音しない音が出ることです。
例えば、I get up~を1語ずつ読むと「アイ ゲット アップ」ですよね。
でも、ネイティブは発音するとき、「アイ ゲタ」と省略して繋げて発音するんです。
これが音声変化。

イチ
イチ
その音声変化も踏まえたカタカナ表記をしてみました。
歌うときに参考にしてみてください。

森のくまさんの英語版歌詞(カタカナ付)

1.
The other day I met a bear
Up in the woods a way up there
※繰り返し
ジアザディ アイメッタベァ
アッピンザウッド アウェイアップゼァ

2.
He looked at me I looked at him
He sized up me I sized up him
※繰り返し
ヒールッカットミー アイルッカトヒン
ヒーサイザップミー アイサイザップヒン

3.
He said to me 「why don’t you run?
I see you don’t have any gun」
※繰り返し
ヒーセイトゥーミー ワイドンチューラン
アイシーユードン ハヴエーニーガン

4.
And so I ran away from there
and right behind me was that bear
※繰り返し
エンソーアイラン アウェイフロムゼァ
エンライビハイン ミーワズザッベァ

5.
Ahead of me I saw a tree,
A great big tree, oh, golly gee
※繰り返し
アヘッドブミー アイソゥアトゥリー
アグレェビグトゥリー オゥガァリジー

6.
The lowest branch was ten feet up
I had to jump and trust my luck
※繰り返し
ザ ロウエストブランチ ワズテンフィーッタップ
アイハァトゥージャンプ エントラストマイラック

7.
And so I jumped into the air
But I missed that branch on the way up there
※繰り返し
エンソーアイジャンプ イントゥージエアー
バッタイミスザットブランチ オンザウェイアップゼァ

8.
Now don’t you fret and don’t you frown
I caught that branch on the way back down
※繰り返し
ナゥドンユーフレット エンドンチューフロゥン
アイカウザットブランチ オンザウェイバックダウン

9.
That’s all there is there ain’t no more
Until I meet that bear once more
※繰り返し
ザッツォールゼァイズ ゼァエイントゥーノーモァ
アンティライミート ザットベアーワンスモー

10.
The end, the end, the end, the end,
The end, the end, the end, the end,
The end, the end, the end, the end,
This time it really is the end.
ジーエンジーエン ジーエンジーエン
(略)
ディスタイミットレアリー イズジーエン

カタカナで表現できない箇所も無理やりカタカナ表記しているので、参考程度に利用下さい。

結論:森のくまさん英語版の歌詞は怖い。日本版との違いを考察

英語版と日本語版では、森のくまさんの歌詞が全然違います。
各場面ごとに、日米の歌詞を比較してみました。

序章:クマとの出会い

物語の開始となる出だし(1番)は日本語版も英語版も同じ。
「森でクマに出会った」という状況説明です。

しかし、2番以降でいきなり、日米の展開が異なっています。

第1章:逃げ出す主人公

日本語版

日本語版2番の歌詞にて、主人公は少女(お嬢さん)ということが確定。
お嬢さんは逃げ始めます。

でも日本語版歌詞には、逃げ始める理由が語られていません。

  1. 「危険なクマから逃げなさい」と鳥に言われた説
  2. 「森自体が危険だから逃げろ」と親切心あふれるクマから言われた説
  3. 「このままだとお前を食べてしまうから俺の理性が残っているうちに逃げろ」とクマから言われた説

…諸説あるようです。

イチ
イチ
3つ目の説はジャンプ漫画でよくある胸アツシーンね
りおか
りおか
二重人格とか、敵に操られてる展開ね

英語版

一方の英語版は、お互いに目線を合わせるという緊迫感ただよう雰囲気。
まるで西部劇のガンマン。
少しでも動いたらやられそうです。

そんな空気感の中、主人公はクマから「銃を持ってないのに逃げないのか」と煽られます。

りおか
りおか
クマは自分が強いことを自覚したうえで煽るねぇ
イチ
イチ
戦闘力たったの5。ごみめ。
りおか
りおか
その人は銃を装備してるで!

クマの忠告に素直に従う主人公。

日本語版/英語版共に「すたこらさっさっさのさ」と逃げ始めます。

第2章:追いかけるクマ

主人公を追いかけるクマ。

日本語版

日本版では、白い貝殻のイヤリングなるアイテムが急に登場します。

白い貝殻の小さなイヤリングを届けるために追いかけるというメルヘン設定。
追いかける理由を付与したかったのでしょうが、さすがにメルヘンすぎて原作のシナリオから遠のいてしまった…。

英語版

一方で英語版のクマ。
ファーストコンタクトで主人公を煽った(第1章参照)うえに追いかけまわすというタチの悪さを披露します。

言ってしまえば、煽り運転の最たる例。
怖いの一言につきます。

りおか
りおか
日米、両極端!!

第3章:追われる主人公

逃げてからの状況も日米では異なります。

英語版

英語版では、追い詰められた主人公が、運を天に任せた起死回生のジャンプ。
主人公補正も加わって(?)、木登り成功。
なんとかクマから逃げ切ります。

童謡のくせに、アメコミの元祖とも言えそうな手に汗握るストーリーが展開されています。

日本語版

日本語版も、主人公がクマに追われている描写に映ります。
ただ、オノマトペが「トコトコ トッコトッコト」。

りおか
りおか
ハム太郎か!

英語版のような緊迫感は皆無です。
さすがメルヘン路線。

終章:クマとの別れ

英語版

からくもクマから逃げ切った主人公。
ニヒルな笑みを浮かべながら回想しています。

「あのクマ?また出会いたくないものだね
おれの冒険譚はこれで終わりさ。ふっ(By花輪君:ちびまる子ちゃん)」

カッコよく話を終わらせたい主人公。

しかし、その後もしつこく尋ねるオーディエンス(村の衆)。

いい加減うんざりした主人公。

「おーわり!おーわり!解散!かいさーん!」
(The end! The end!:10番)
連呼するシーンで話が終わります。

カッコつかない、人間味あふれる主人公ではないでしょうか。
(想像)

日本語版

一方の日本語版のその後。

白い貝殻のイヤリングを届けてもらって大満足の主人公。
まさかのクマと一緒に歌い始めます。
メルヘンここに極まれり…。

歌詞を意訳しすぎて、謎が謎を呼ぶ展開になってしまっています。

りおか
りおか
例えば英語版歌詞6番の「was ten feet(10フィート)」を日本人が翻訳する時に「white seashells(白い貝殻)」と聞き間違えた…とか???
イチ
イチ
にしても話が変わり過ぎてるって…

メルヘンがもてはやされた、古き良き日本ということでしょうか。。

まとめ

森のくまさんの歌詞を英訳版・和訳版でまとめました。
子どもも大好き森のくまさん。
歌詞を調べると原曲と全く違う展開になっていました。

メルヘンなクマと言えば、くまのプー。
プーさんは年3回も誕生日があるという、日本版森のくまさんみたいな超ほのぼのした設定があるのをご存知ですか。

くまのプーさん 誕生日
くまのプーさんの誕生日はいつ?年3回もあるって知ってた?くまのプーさんの誕生日は年3回あることをご存知ですか? プーさんの誕生日と、誕生日が年3回ある理由をまとめています。...