知育玩具レビュー

ボードゲームで知育!3歳から遊べて学べるおすすめ3選!

ボードゲーム 知育
こどもと一緒にゲーム感覚で知育したい!

という方に向けた記事になっています。

私も嫁もボドゲ好きで家には大量のボードゲームがあります。

イチ
イチ
我が子が加わってくれれば3人プレイもできる!

と考えて、2歳のときからボードゲームで遊ばせていました。

さすがに2歳ではゲームにならなかったので断念したのですが…。

3歳になったので再挑戦したところルールも理解してくれるようになり、
さらには
ボードゲームって知育教材としても優秀じゃん!
という嬉しい誤算がありました。

3歳から遊べるボードゲームは多数ありますが、
今回ご紹介するのは子供の知育教材として特にお勧めしたい3つのボードゲーム。

本記事で紹介する3つのボードゲーム
  1. ねことねずみの大レース(Viva Topo!)
  2. パッチワーク
  3. どうぶつしょうぎ
我が子がボドゲでできるようになったこと
  • お金の数え方
  • あいさつなどの礼儀作法
  • 順番を守る
  • さいころの出目分進む
  • 忍耐力

3歳児でも上のようなことができるようになったボードゲームを3つご紹介します。

りおか
りおか
コロナ禍でおうちで過ごす時間が増えているので、家で遊べるのも嬉しいですね!

知育ボドゲ①:ねことねずみの大レース(Viva Topo!)

ねことねずみの大レース
  • プレイ人数
    2~4人
  • プレイ時間
    20~30分
  • 対象年齢
    4歳~
  • 参考価格
    5000円

ねことねずみの大レースの概要

ボードゲーム 知育

ねことねずみの大レースは、すごろくチキンレースを組み合わせたようなゲーム。
猫からねずみを逃がしつつ、ゴールするまでにより多くのチーズ片を集めた人が勝ちです。

さいころをふって自分の色のネズミ(4~5匹)を動かしていきます。
ただしサイコロの出目には2~5の他、ねこマスが2つあります。
ボードゲーム 知育

もしねこマスが出たら、ねこがネズミに近づいてきます!
しかもネコは2周目になると2倍の速さに!
ねこに追いつかれる前にネズミをチーズのある部屋(ゴール)に誘導しましょう!!

…といったゲームです。

遠くまで逃がすことができれば大きなチーズをもらえますが、途中でネコに追いつかれてしまうとゲームオーバーというチキンレース要素もあります。

子どももさいころ振ってねこがでたときに、

かなた
かなた
ねこさま出たー!

と大はしゃぎ。

サイコロ運によってはネコが迫るスピードが速かったりとか、子供が大人より先にゴールできることもあります。

また、年齢が上がると

イチ
イチ
どのネズミを動かせば捕まらないか?

という思考訓練にも使えます。
3歳でボードゲーム入門に使いつつ、年齢が上がっても息長く遊ぶことができるゲームです。

ねことねずみの大レースの知育のポイント

3歳ってすごろくで、

スタート地点から4マス進む

というのはできるのですが、

今いる位置から4マス進む

ってなると、とたんに分からなくなってしまうようです。

必ずスタート地点に戻してから4マス進めてしまっていました。

イチ
イチ
回数こなせばサクサクと自分で進めることができるようになりました!

そういった練習だけであれば普通のすごろくでもよいのですが、
ねことねずみの大レースは、

青や赤などのネズミ
オレンジのネコ
黄色のチーズ

などなど、駒の一つ一つが色鮮やか!
ボードゲーム 知育

知育玩具でおなじみのグリムス社のアーチレインボーのように、子供の色覚が鍛えられるという良さもありますね。

知育ボドゲ②:パッチワーク

パッチワーク
  • プレイ人数
    2人専用
  • プレイ時間
    20~30分
  • 対象年齢
    8歳~
  • 参考価格
    3000円

パッチワークには、通常版クリスマス仕様の2種類があります。
ゲームルールは同じですが、クリスマス仕様の方が色鮮やかです。

イチ
イチ
わが家のはクリスマス仕様

通常版

クリスマス仕様

パッチワークの概要

パッチワーク

パッチワークは、様々な色や形の布きれタイルをつなぎ合わせて1枚の大きな布を作るという2人専用のボードゲームです。

手持ちのお金で買える布きれタイルを選び、9×9マスの自分のボードに隙間がないように配置していきます。
パッチワーク

終了時点でボードの隙間の少ない方が勝ち!

…といったゲームです。

ルールの詳細は以下の記事にまとめていますので、興味がありましたらご覧ください。

パッチワーク
パッチワーク【ボードゲーム】新版のレビュー!クッキー型がかわいいボードゲームのパッチワークのレビューです。 通常版とクリスマス仕様(新版)の違いや、ルール紹介、3歳児と遊んだ感想を記事にしました。クッキー型がついてくるので新版の方がおすすめ♪...

お金を入手するために複雑な形のタイルを積極的に配置する必要があったり、
相手の欲しそうなタイルを先に取って妨害したり…
といったように、大人でもやりこみ要素満載なボドゲです。

パッチワークの知育のポイント

パッチワークは上でご紹介したように、お金(ボタン)を使ってタイルを購入します。
パッチワーク

タイルの値段はタイルに記載されています。
上の写真の場合、

左側の赤いタイルは2ボタン
中央の白いタイルは8ボタン
右側の青いタイルは7ボタン

といったように、タイルによって購入金額が変わります。

イチ
イチ
3歳だと買えるタイルを選ぶのはまだ無理かなぁ

と思いつつも子供とやったところ、練習したらできてしまいました。

イチ
イチ
今6円あるよね。
これは2円、これは3円、これは7円。
どれが買える?
かなた
かなた
これとこれ!

お金の考え方の練習にもなります。

イチ
イチ
これ今買っちゃうと、次この大きいの買えないね。
どうする?
かなた
かなた
やめとくー!

彼ができたときの驚きたるや。

もちろんコインのやり取りをするボドゲは、パッチワーク以外にもいろいろあります。

そんな中でもパッチワークを一押しする理由
それはルール自体がタイルを配置するだけで単純なためです。
セリゲーなどのようにプレイヤー間の駆け引きが主となるゲームは3歳ではまだ難しい。

とはいえさすがにきれいに並べるのはまだ難しいようなので、買ったタイルを子供の好きなように配置させています。

ボードゲーム 知育
上の写真は3歳の我が子が実際にプレイして並べたものです。

りおか
りおか
ボードの隙間が空きまくるのはご愛嬌♪

知育ボドゲ③:どうぶつしょうぎ

どうぶつしょうぎ
  • プレイ人数
    2人専用
  • プレイ時間
    5分~
  • 対象年齢
    4歳~
  • 参考価格
    2200円

どうぶつしょうぎの概要

ボードゲーム 知育
どうぶつしょうぎは将棋の入門といったボードゲームです。

どうぶつしょうぎには王将や飛車、角、歩などはありません。
かわりにライオン、キリン、ゾウ、ひよこの4種類で戦います。

4種類の駒しかないので、子どもはもちろん、大人同士で勝負してもかなり頭を使いますよ。

駒には動ける方向に赤点が振ってあるので、

かなた
かなた
ここに進めるよね

とか言いながら動かしています。

我が子はまだ2手、3手先を読むことまではできていませんが、

かなた
かなた
ここに置いたら食べられちゃうよね

とかいうのは分かってきた様子。

近いうちに数手先まで考えられるようになると思います。

どうぶつしょうぎの知育のポイント

将棋は正座して相手を敬って頭脳戦を繰り広げる競技ですよね。

どうぶつしょうぎの考案者は女流棋士のお二人。
当然、本家将棋の空気感が出るように作られています。

例えばゲームのはじめと終わりには

「おねがいします」「ありがとうございました」
とあいさつをしましょう。

このようなルールがきちんとルールブックに書かれています。
ボードゲーム 知育

どうぶつしょうぎを通じてこのような礼儀を覚えることができる。
数手先まで考えることは頭の体操にもなる。
将棋は大人になってからもやる機会があるので、その入門に最適。

といった理由から、どうぶつしょうぎは知育としてもおススメです。

どうぶつしょうぎと似たものに「にゃーしょうぎ」というものもあります。
こちらは漫画「三月のライオン」に登場した将棋入門用。

りおか
りおか
三月のライオンファンならこっちでも良いかも♪

まとめ

知育になるボードゲームを3種類厳選してご紹介しました。

私の一押しはパッチワークですが、「ねことねずみの大レース」や「どうぶつしょうぎ」もおススメです。

そのいずれであっても、ボードゲームを通じて以下のような大事なことを学ぶことができます

ボードゲームで学べること
  • 順番を守る
     かなたはパパの次だよという中で自然と理解
  • 数を数える
     さいころの出目やコインなどを通じて理解
  • 忍耐強さ
     負けたときに悔しがっても投げ出さない

・・・

かなりおススメですよ!